たまゆらまったり

日々気ままに更新
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょきちょき

最近、色鉛筆のほかに切り絵にもチャレンジしてます。
なんというか、私の場合色々もやもやしているときにこういう細かい作業をしていると結構気分転換になるんですよ。集中するので余計なことを考えずにすむっていうかね。
そして私は凝りだすとかなりのめりこむので、ここ二日ほどでもう5つぐらい切ってしまいました。

ちなみに今回切っているのは、蒼山日菜さんという切り絵作家さんの出されている「すぐ作れる図案付 蒼山日菜のレース切り絵」からの図案です。
その中のひとつ「パピヨン」ですが、丁度ライトで光ってしまって上手くうつらないのが残念。
でも遠めだと線のボコボコ感がバレないのでいいかもしれない(笑)
ノートの上に乗っかっている、こんな専用のちっちゃなはさみを使ってちまちま切っていきます。
普通のハサミと違って先がとっても細いので、うっかり指にささると結構イタイです。(最初よくやった)
デザインナイフで切る方もいると思いますが、蒼山さんはこういった切り絵専用のはさみを使って全部切ってらっしゃるんですよ~!!

CAKMH35C.jpg

ちなみに、このパピヨン。エンジェルダイアリーの表紙にいれてます。
今年のダイアリーの絵がどうも個人的にはぴんとこなかったので、とっぱらってしまい、代わりにさびしいのでこの切り絵を入れてみました

私は元々、藤代清治さんの影絵とかステンドグラスが大好きで、モノクロームの世界もまた色鉛筆とは違った素敵な世界だと思ってました。でも影絵って自分でするにはちょっと難しいかなと思っているうちに、レース切り絵なるものを知ったのです。
それはもううっとりするぐらい繊細で、こんなのやってみたいわ~と思って早速本を購入。
最初は見ているだけだったんですが、ついにチャレンジしたくなって専用のはさみまで買ってしまいました。

ちなみにハサミは「雅美の切り絵ブログ」で紹介されていた美鈴ハサミさんで購入しました。
こちらの雅美さんの切り絵もとっても繊細で素敵なので、ぜひ!
ちなみにこちらの図案も私、買ってしまいました・・・。
まだ猫しかチャレンジしてないけど、個人的には雅美さんのほうはハサミだけだとなかなか技術がいると思います。闘魚とかね、すんごく繊細なので私の技術ではうっかりチョッキンしてしまいそうでチャレンジできない。
まあ、ようはその人の技術なんでしょうが・・・。

蒼山さんのほうは初心者が簡単に切れる図案もあるので、まずはこちらから練習してみても楽しいかも。
ちょっとジャンルが違うので直リンクは避けてますが、お二人とも検索するとすぐヒットすると思うので、興味がある方は探してみてくださいませ。

あと買わなかったけど、「ベルサイユのばら 大人の切り絵」なる本も発見しました。
なんだろう、今切り絵ってはやっているんだろうか・・・?
みているだけで楽しかったのですが、お財布と相談して今回は見送りました。
でも切ってみたいわ~(笑)

ちょっと脱線しますが、ベルばらといえば、連載開始40周年だったかでイベントがあったらしいですね。
私はベルばらはリアルでは読んでませんが、全部コミックでは読みました。(アニメも見た記憶がある)
お話自体は好きだし、オスカル様はやっぱりかっこええし、フェルゼンもイケメンだと思うのですが。
あの中で一番の大人は地味にジェローデルではないかと、大人になった今読むとそう思います。(って読んでない人わかんないよね)
ああ、また久しぶりにベルばらを読んでみたくなりました

スポンサーサイト
【 2012/10/22 】 つぶやき | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。